経営理念

ヒトの可能性をインキュベートする


当社のメイン事業である「技術支援事業」は、これから必要とされるであろう技術を世の中に送り出し、
「ヒトの可能性」を向上させることがミッションです。

テクノロジーは「ヒトの五感」を拡張するものだとよく言われますが、現在開発中の「虹彩認証技術」は、目という生体にカギの機能を持たせて、ヒト単体が実現可能なことを増やすことをゴールとしており、 「音声による感情認識技術」では、ヒトの目に見えない感情を数値化・データ化することで「耳」の機能を拡張し、五感にはない感情という「第六感」を定量化することで、ヒトの可能性をさらに拡げることが可能になります。

スワローインキュベートは、ヒト単体ではできないことを実現できるようなテクノロジーを実用化開発し、
人々の暮らしをこれまでよりもよりよい形に発展させ、世の中へ貢献できる企業を目指します。

役員紹介

大野 寿和

代表取締役 CEO / 最高経営責任者

愛知県北名古屋市出身。東京外国語大学朝鮮語専攻卒。 これまでベンチャー企業のCFO/管理本部長を3社歴任し、これまで総数40件、総額4億円を超える資金調達(増資・融資等含む)を成功させた実績を持つ。 開発会社の取締役としてベンチャーにおける組織マネジメントや事業経営などについての研さんを積み、2013年12月株式会社スワローインキュベート設立。


吉田 拓真

取締役 CIO / 最高情報戦略責任者

東京大学大学院工学系研究科卒業。株式会社ディー・エヌ・エー入社後、 金融決済システム開発/運用を経験。DRサイト立ち上げやPCI-DSS対応を担当。その後、ポッピンゲームズジャパン株式会社に入社。システム部部長、事業戦略室室長を経て、2015年1月に株式会社スリーシェイクを設立。インフラエンジニアとして、 年間20件以上のAWSを使った大規模を含むインフラの設計や開発/運用に携わる。2016年にスワローインキュベートにジョインし、特許技術の選定などに従事。


澤田 健都

CTO/ 最高技術責任者

筑波大学情報学類在学中からソフトウェア受託会社にてWEBシステム・モバイルアプリの開発に従事。2013年からはFinTech領域の開発に携わり、為替取引や仮想通貨のシステム開発を担当。2017年にスワローインキュベートにジョイン。 虹彩認証技術、感情認識技術のエンジン開発を担当。C++での開発を得意とする。ハードウェアにも明るく、ハードウェアプロトタイプの設計・実装まで幅広く対応可能。

会社情報

会社名 株式会社スワローインキュベート
Swallow Incubate Co., Ltd.
設立日 2013年12月03日
代表者 大野 寿和 Ohno Toshikazu
所在地 〒305-0047
茨城県つくば市千現2-1-6
つくば研究支援センター内 C-B-5
連絡先 TEL : 029-886-9912
FAX : 029-886-9913
資本金 500万円
事業内容 ・技術支援サービス(特許技術SDK/API)
 - 虹彩認証技術
 - 音声による感情認識技術
 - 行き先提案技術

・バックオフィス支援サービス
スタッフ数 11人 (2017年11月期末時点)
顧問弁護士 GVA法律事務所
顧問弁理士 GVA法律事務所 弁護士 兼 弁理士 恩田 俊明
顧問 柳生 敏夫(株式会社コネクトプラス 代表取締役)
加盟団体 一般社団法人シェアリングエコノミー協会
主な取引先 パナソニック株式会社
三井住友銀行
シャムロック・レコード株式会社
Hmcomm株式会社 ほか