虹彩認証 実証実験パッケージ「AI (人工知能)」導入しました

2019.09.18

PRESS RELEASE
報道関係者各位

目を使った本人認証技術!日本初の「虹彩認証SDK」
実証実験パッケージに「AI(人工知能)」を導入

〜 認証するたびにAIが学習!使うほど精度が上がる仕組みになりました〜

 

虹彩認証×AI

 

株式会社スワローインキュベート(本社:茨城県つくば市、代表取締役:大野寿和、以下スワローインキュベート)は、 パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役:津賀一宏、以下パナソニック)の特許技術を活用した日本初の「虹彩認証SDK」を組み込んだ、企業向け「実証実験パッケージ」に「AI(人工知能)」を導入し、2019年9月18日(水)より提供開始いたします。

 

「虹彩認証技術HP」https://iris.pas-ta.io

 

 

 

■ 「虹彩認証×AI」の仕組み

 

今回新たに、虹彩認証エンジンに「機械学習」を組み合わせました。
初めに登録する「虹彩情報」を教師データとし、虹彩認証を実行するたびに学習して認証精度を向上していくことができます。

この「AI導入」によって、登録時と異なる環境等においても「本人認証」が可能となり、今までよりもさらにUXが向上しました。

 

 

 

■ 「実証実験パッケージ」の概要

本実証実験パッケージは、ハード/ソフトウェア&サポートをセットにしており、本パッケージをお求めいただくだけで「虹彩認証」の実証実験をスタートできます。

 

<デモ動画>

 

 

<導入フロー>

本実証実験パッケージは、お申込みから約2ヶ月で運用開始が可能です。

 

0226iris-flow1

 

今回のプレスリリースを記念し、先着5社限定で「AIを導入した New実証実験パッケージ」を「キャンペーン価格」にてご提供いたします。お気軽にお問合せくださいませ。

ぜひこの機会に、高UXな次世代セキュリティ「虹彩認証技術」をご体感下さい。

 

 

■ 「虹彩認証」の概要

「虹彩認証」は、人間の瞳にある「虹彩」を用いて「本人認証」を行う、「生体認証(バイオメトリクス)」技術です。

「顔認証」や「指紋認証」など様々な「生体認証」の中で、理論上もっとも高精度であるとされており、日本でも実用化が期待されている「次世代のセキュリティ技術」です。

 

<「虹彩認証」の4つの特徴>

0226iris-point

1.「タッチレス」な認証

虹彩認証は「非接触」で認証可能なため、接触する認証(指紋認証など)と比較して、衛生的かつ高UXです。

 

2.「経年変化」がない

虹彩認証は、指紋認証や顔認証の課題である「経年変化」がありません。

 

3.「手袋」や「マスク」に対応

虹彩認証は、指紋認証や静脈認証、顔認証の使用が難しい「手袋やマスク」の着用シーンにおいても、認証可能です。

 

4.「双子」の識別に対応

「虹彩模様」は遺伝による影響をほとんど受けず、同じDNAを持っている一卵性双生児であっても異なるため、顔認証が苦手とする「双子(一卵性双生児)」の識別も可能です。

 

当技術は、現在、複数社にて導入実証を進めており、近日「導入事例」として公開予定です。

 

 

 

スワローインキュベートについて

全国でもトップクラスの研究施設が押し並ぶ、茨城県つくば市に2013年12月設立。現在はテクノロジーベンチャーとして、パナソニックや本田技研を始めとする大手企業保有の「AI/IoT領域の特許技術」を活用した「SDKまたはAPI」を実用化開発し、当該技術を必要とする企業さまへライセンス提供しています。

 

 

会社概要

社名

株式会社スワローインキュベート

本社

〒305-0047
茨城県つくば市千現二丁目1番地6 つくば研究支援センター内 CA15

代表者

代表取締役社長 大野 寿和

公式サイト

https://swallow-incubate.com/

資本金

500万円

事業内容

【特許技術のSDK/API化開発】
虹彩認証技術の開発・販売(特許提供:パナソニック株式会社)
音声による感情認識技術の開発・販売(特許提供:パナソニック株式会社)
目検出技術の開発・販売(特許提供:パナソニック株式会社)
視線検知技術の開発(特許提供:パナソニック株式会社)

主な取引先

パナソニック株式会社
本田技研工業株式会社 ほか

 

 

本件に関するお問い合わせ

株式会社スワローインキュベート
技術サポート事務局
TEL:029-886-9912
FAX:029-886-9913
Email:support@swallow-incubate.com
URL:https://iris.pas-ta.io/

 

※当社は、他社の所有する知的財産の活用・促進を目的として、知的財産権の一部のライセンス及びサブライセンスの許諾を受けて活動しております。

※プレスリリースに掲載されている内容やお問い合わせ先等は、発表時点の情報です。その後、予告なしに変更となる場合があります。


Top